巍桜流拳法の沿革史

 

 1966年、それまで不動禅少林寺拳法として活動していた、大阪産業大学クラブ、柏原道場(現在の柏原本部道場)、桜ノ宮道場(大阪市)、八幡道場(京都府)が独立し久保貞夫、橋本正、青木康充各先生が中心になり巍桜流拳法が生まれた。

 命名は元大阪産業大学理事長の大西利治先生により「巍」は高く大きい様子を表し「桜」は日本の国花の意味が込められている。1971年より数年間、林派糸東流会に属し、お世話になった時期もあり様々な経験を重ねることが出来た。

 1982年に二代目宗家に原田秀康先生が着任。現在は、広島、京都、滋賀にも支部道場がある。

 


©2015 GIORYUKENPO Shiga All rights reservered.